…あら~。これ、今日じゃないか。

行くだけいってみるか。



【東京都知事候補 山本太郎アキバ街宣 大ソーシャルディスタンス祭】6月20日19時スタート! JR秋葉原駅電気街口 | 山本太郎 東京都知事候補特設サイト
taro-yamamoto.tokyo/2020620-2/

まず、なぜ太郎が衆議院議員選挙でなく都知事選に出たか。

コレまでコロナ前にあった状況がガラッと変わった。
ホームレス状態になりかけの人が増えている。
高齢者だけじゃない。幅広い年齢の人が家を失っている。あまりにも大きすぎる荷物。地下街で座り込んでいる…。

貯金なくなったら自分のせい、仕事なくなったら自分のせい、家を失ったら自分のせい。

…違うと思いませんか?

バイトはシフトを減らされたり、クビを切られる状況に陥ったり…。

電通やパソナにはさっさと金を回すのに、民衆に回すのは遅い。
こんな政治を変えなければならない。

普通だと、二週間ぐらいで生活保護の至急が決定されるのに、千代田区だと支給まで1ヶ月待たされる。

山本太郎が千代田区役所に行ったら、さすがに現場がざわつき、支給決定に繋がったとのこと。
…そんな対応がたくさんあった。

持続化給付金、売上が50%落ちたらいくら隠れるとか言うものだが、経営者にとっては、50%も落ち込んだら終わってる。20%落ちたって大変なんだ。

訂正。

×いくら隠れる
○いくらかくれる

失業者に手当てするのが国や東京都の仕事なのに、それをしようともしない。

今は平時じゃない。緊急時なんだ。

みんなの生活を絶対に最低限守ると言うことをしなければならなかった。

(外からアンパンマンの歌が流れる)

「アンパンマンみたいにがんばるぞ。」

コロナを甚大災害として認めれば、人や企業にもっと手厚い補償ができたはず!
会社だって従業員のクビを切らずに済んだんだ。

コロナは異常な自然現象だ。
さっさと災害に指定すべきだ。

国がポンコツでも、東京都知事は国に訴えかけることはできるはず。
全国の知事と組んでできたはず!

しかし、現都知事は「ディスタンス」と言った。
わかってるよそんなこと!

では太郎が都知事になったら何にするのか。

コロナを災害指定しろと、国を突き上げる。ほかの知事や市民の力も結集して。

みんなで力を合わせて、コロナの災害認定を国にさせる。

そして、国に大胆な政府支出を突き上げてゆく。

このふたつは絶対にやらなければならない。

それと同時進行で、東京都独自の資金調達をおこなう。総額15兆円。
そこで都民の生活の底上げをする。
そして、第二波、第三波に備える。

財源についてはあとで話す。

まず、都民全員に10万円渡したい。
※ 国からの給付金をもらった人を訊いたときは2割ぐらいしか手を挙げなかった。

学ぶことを、諦めて欲しくない。

一年間授業料免除。
小中高大、専門学校、大学院…

Show newer
Sign in to participate in the conversation
LIBERA TOKYO

 リベラルのリベラルによるリベラルのためのマストドン・サーバ。

 自由主義の政治思想を掲げる人々が集い、緩やかに交流、議論を深めてゆく場として、ご活用いただければと思います。

【お知らせ】
当サービスでは、2020年12月26日(土)・12:00頃~2021年1月4日(月)・24:00頃(いずれも日本時間)の間、新規ユーザ登録の受け付けを休止致します。
【お知らせ】
当サービスでは、2020年6月11日(木)より、通常の新規ユーザ登録の受付を開始致しました。
新規登録につきましては、スパム対策等の理由で、管理者による承認制を採用しております。登録時に、必要な情報とともに、「意気込み」を120bytes(半角英数字120文字もしくは全角60文字相当)以上でご記入ください。登録可否の判断材料とさせていただきます。

 登録前に、「利用規約」および「詳細情報」ページをご一読願います。これらの内容に同意いただける方のみ、ご登録ください。